2010年03月27日

片山右京さんが仕事を再開 遭難の「ご遺族からも理解をいただいた」(産経新聞)

 昨年12月に富士山登山で遭難し、自らが経営する会社の同僚ら2人を亡くしたことで執筆活動やテレビ出演などを休止していた元F1レーサーで登山家、片山右京さん(46)が23日、活動を再開することを同社を通じて文書で明らかにした。

   [フォト]事故直後の会見で、声を上げて号泣した片山右京さん

 片山さん側は、「警察から捜査終了の連絡を受け、ご遺族からもご理解をいただいた」ことを再開の理由に挙げている。24日から、スポーツ紙でのコラム執筆などで仕事に復帰するという。

 片山さんが発表したコメントは以下の通り。

     ◇

 この度は皆様方をお騒がせし、多大なご心配とご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんでした。

 ご遺族の方々からも温かいお言葉を頂き、今後少しずつではありますが活動を再開し、頑張っていこうと思っております。

 これまで、多数の応援メッセージや励ましのお手紙を頂いた皆様には心から感謝の気持ちでいっぱいです。本当に私の心の支えになりました。有難うございました。

 今後は、皆様からの温かいお言葉にお応えできるよう、また亡くなった二人のためにも、より一層努力をしてまいります。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

   平成22年3月23日

       片山右京

【関連記事】
片山右京ブログも閉鎖…活動自粛最低1年か
マッチ「かける言葉がない」 右京さん一時遭難
片山右京(46)厳冬の富士山で一時遭難 同行2人不明「信じてる」
片山右京さん「自分も救助にあたりたい」仲間気遣う
元F1レーサー、片山右京さん、富士山で遭難
20年後、日本はありますか?

小沢氏剛腕なまった!?世論反発で生方副幹事長「続投」(スポーツ報知)
土地所有者情報紛失 宮城・福島で計48万6000件に(河北新報)
阿久根市長の議会出席拒否を批判…総務副大臣(読売新聞)
首相、生方氏留任は「幹事長が判断した。良かった」(産経新聞)
「駆け込み人事」防げ、省庁幹部人事を凍結(読売新聞)
posted by ナガセ タダヨシ at 05:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。