2010年06月01日

偽造診断書で病気休暇204日 大阪国税局職員を処分(産経新聞)

 診断書を繰り返し偽造して約1年間で病気休暇計204・5日分を不正取得したとして、大阪国税局は28日、大阪市内の税務署に勤務する上席国税徴収官の男性職員(36)を停職6カ月の懲戒処分とした。男性職員は同日付で依願退職した。

 国税局によると、男性職員は平成18年1月〜今年2月、架空の医師名の三文判を押した偽造診断書を14回提出。最大で連続36日など、病気休暇を不正に取っていた。

 不正休暇分の給与約345万円は返還させる予定。

【関連記事】
会話できるのに手帳申請 北海道の聴覚障害偽装事件
仲介役の男に懲役4年 聴覚障害偽装詐欺事件で 札幌地裁
詐欺罪で起訴の医師除名 障害偽装で札幌市医師会
事故偽装で男女5人逮捕 主犯格が保険会社と交渉 2億円詐取か
受給者30人を書類送検 障害年金詐取事件

橋下知事が期限付き「維新の会」入党呼びかけ(産経新聞)
初の医師不足実態調査の内容が判明―厚労省(医療介護CBニュース)
普天間問題 鳩山首相が陳謝、続投表明…記者会見(毎日新聞)
普天間問題、社民反発に首相「連立維持される」(産経新聞)
中国の秘草が翌朝のキレイをお約束! アンチエイジング・ドリンク「仙鼎 輝麗」
posted by ナガセ タダヨシ at 17:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。